仕事・デザインのこと

ひらがなだらけでもすらすらよめるひみつ

こんにちは。
WEBデザイナーのくしだあいこです。

はじめましての方はこちら
プロフィール をご覧いただけると嬉しいです。

今日は 日常でのちょっとした気づきをシェアしますね!

読みづらいタイトルからのスタート
なのに、当記事をクリックして下さり ありがとうございます♡

ふだん、何気なく読んでいる 子どもの絵本。

幼児向けのものって、平仮名ばかり並んでいるから
大人からすると読みづらいはず・・

でも、読むのにそこまで苦労してないんだよなぁ
とふと思い

改めてよくよく観察してみた、という話


観察した結果、絵本の文字って

読みやすいように ものすごく配慮してくれている〜〜!!!
とわたし的には ちょっと感動?したので、笑
気になった方は 最後までお付き合いいただけると嬉しいです^^

さっそくですが、読んでいた絵本がこちら

絵本の写真

どうでしょうか・・・??

わたしが思ったのは

こんなにも【 余白 】がたくさんあったのか!!と。
コトバとコトバの間に、

スペース
スペース
スペース
スペース
・・・・・(多!!!笑)

そして改行と一緒に、文頭
段落を下げていたり

登場人物の名前の文字を太くしていたり

こんな ちょっとした配慮が
平仮名だらけの絵本を より読みやすくしてくれていたんですね〜〜!

( 着目するまで、気がつかなかった・・・! )

絵本の写真

こちらは、登場人物の名前部分だけ フォントの種類を変えています

※のっぽ、いちもくさん、じぷた が登場人物
( 、、人物、というか擬人化された はたらく車たち。笑)

なんなら、
文頭をずらして斜めにすることで
消防車が出動する スピード感を演出しているのでは・・??

なんて ひとり想像したりもしました。笑

どれも ちょっとしたことなのですが

世の大人たちが、
また 文字を覚えたての子どもたちが、
気持ちよく 読めるように

物語の情景が より伝わるように

そんな意図を持って 作られているのだろうなぁ
と制作の背景を想像し

これも「デザイン」だなぁ!!と感じました。

相手の目線に立って
気持ちよく受け取っていただけるような心遣い

納品するデザインだけでなくて、もっと広い場面でも
大切にしたいです。

今日のブログはいつもよりスペースを意識したものに・・・?笑
試行錯誤してみています〜〜〜

ー千里の道も一歩からー

今日も、最後までお読みいただきありがとうございます^^