仕事・デザインのこと

5歳女子の「かわいい」から思うこと


こんにちは。
WEBデザイナーのくしだあいこです。

起業初期の方を応援したい!
新しいサービスをいま準備中です♡
はじめましての方はこちら
プロフィール をご覧いただけると嬉しいです。

先日、
お風呂からあがった娘 (タイトルの5歳女子) が
何やら探しものをしている

リボンのやつがない!

探していてたのは
おっきなリボンのついたヘアバンド

モコモコした素材で
パステルピンクと紫の
 
実は、1年くらい放置されていたからそーっと
処分してしまっていたもので・・・
(一体なぜいま思い出す??笑)

仕方がなく、
勝手に処分をしてしまった償いとして
新しいものを買いに行くことになったのですが

「かわいいのがいい」

かわいいってどんなの?

「りぼんとか、ポケモンとか、海とかー」

・・・?!! 海って・・??

雲があって〜海があって〜
ラメがついてて〜

と具体的にイメージしていて けっこう大人っぽい・・
ポケモンとの振り幅にも驚きだけれど。

5歳児女子も「かわいい」に
これほどのいろんなイメージを抱くのだなぁという発見。笑

デザインをご依頼いただき  作っていくときも
「きれい」「ナチュラル」
「かっこいい」「大人っぽい」
「やさしい」「おしゃれ」…などなど

一言で  くくってしまいがちな言葉たちを
さらに分解して深めて、一緒に共有できたとき

よりよいデザインが出来あがる
と感じます。

「かわいい」の言葉ひとつ 取っても
ポケモンのようなアニメ要素の持つ  かわいい
リボンといった女性的なモチーフの持つ  かわいい
海という風景にラメ (キラキラ) が合わさって作られる  かわいい

いろんな「かわいい」があるから

自分にとっての「〇〇」ってどんなもの?
※〇〇=かわいい、きれい、など
自分がこう在りたいというイメージ

普段、つい目を留めてしまう街の広告や
雑誌の1ページ、ネットやSNSで目にする広告

気に入って身につけているもの
愛用しているグッズ、部屋に飾っているもの
今日買い物で選んだもの 

無意識のうちにも、
きっと  自分なりのいいな!と思う基準があって
それが 自分の価値観やあらわしたい世界観にも
繋がっていくと思うので

よかったら  日々の中で意識されてみるのも
おすすめです。

デザインを人に依頼されるときや
フリーソフトで 自分でデザインしてみるときにも
きっと役立つと思います♡

ー千里の道も一歩からー

今日も、最後までお読みいただきありがとうございます^^